白ちゃんの旅ノート

世界各地の搭乗記を中心に、飛行機や空港に関することを紹介しています。

ラストフライト搭乗記 vol.58 さよなら初号機! AIR DO20便新千歳→羽田

8f:id:sunport:20210105181131j:plain

 AIR DOの就航当初から活躍し、会社の歴史とともに歩んできた767の初号機が1月20日に引退しました。

 

ラストフライトとなったのは、新千歳発羽田行きのHD20便。

たくさんのAIR DO関係者、航空ファンに見送られながら、飛行機は最後の花道を飾りました。

 

今回は、感動のAIRD初号機ラストフライトの模様をお届けします。

フライト情報

航空会社:AIR DO

便名:HD20便

区間:CTS(札幌/新千歳空港)→HND(東京/東京国際空港(羽田))

機材:767-300ER(JA98AD)

利用日:2021/1/20

 

 

 1.はじめに

「東京-北海道の航空券を安い価格で提供したい!」との理念で生まれたAIR DO。

 

しかしその道程は平坦ではなく、安価な航空券で参入したものの当時の大手3社(JAL/ANA/JAS)も値下げを実施。その結果競争力は低下し、2002年に一度経営破綻しています。

その後はANAが再建のスポンサーとなり、今ではコードシェアまで行われるようになりました。

 

 

就航から破綻、さらには再生へという歴史をたどってきたAIR DOですが、機材は一貫して767が使用されていました。今回退役することになったJA98ADもその一つです。

この機材はもともとリース会社から調達され、その後AIR DOが購入して自社機として運航されています。

内装のリニューアルは行われていないようなので、就航当初の座席がそのまま使われているということになります。

20年前から変わっていない座席に乗れるということで、私はワクワクしながら空港へ向かいました。

 

2.搭乗記

f:id:sunport:20210121120058j:plain

 出発地点は新千歳空港。

空港自体は平日の昼間ということもあって閑散としています。

チェックインカウンターはいつもと変わりません。

 

f:id:sunport:20210121120113j:plain

保安検査場を抜け、ロビーへと進みます。

AIRDOの人と報道陣の方が打ち合わせをしていました。

 

f:id:sunport:20210121120733j:plain

11時45分、本日の主役であるJA98ADが新千歳空港に到着します。

通いなれた新千歳空港にお客さんを載せて到着するのも、これが最後です。

 

f:id:sunport:20210121120146j:plain

出発の15分前になり、横断幕を持ったAIRDO社員とキャラクター「ベアドゥ」が搭乗口の前に集まります。

このような光景が見られるのも、ラストフライトならではです。

 

f:id:sunport:20210121102851j:plain

AIRDOの社長からの挨拶があり、搭乗が始まります。

ボーディングブリッジのところにはAIRDO社員からのメッセージとモデルプレーン、初代「ベアドゥ」のぬいぐるみが展示されていました。

初代の「ベアドゥ」は現在とイメージがだいぶ異なります。

 

f:id:sunport:20210121120813j:plain

機内へと入ります。

1998年製の期待とあって、最新機材と雰囲気がだいぶ異なります。

座席はの機材よりも肉厚で、がっちりしている印象を受けます。

座面も高く、脚が地面につかないといった人もいるかもしれません。

 

f:id:sunport:20210121102904j:plain

オーバーヘッドキャビンの収容力も小さく、満席時だと全員の荷物を入れるのも一苦労です。

荷物が多いお客さんが現れたとき、CAはだいぶ苦労したと思います。

 

f:id:sunport:20210121120203j:plain

今回のラストフライトでは、就航当初の搭乗券を模した搭乗証明書が配布されました。

ちょっとしたプレゼントですが、もらえると嬉しいです。

 

f:id:sunport:20210121120215j:plain

乗客130名を乗せたJA98ADはプッシュバックを開始し、滑走路へと向かいます。

機内前方にあるプロジェクターで機内安全ビデオが流されます。

オーバーヘッドキャビンのところに画面がないのも、JA98ADの特徴です。

 

f:id:sunport:20210121120250j:plain

12時33分、ADO20便はRWY01Lから離陸します。

雪に覆われた北の大地をあとにし、飛行機は南へと向かいます。

 

 

f:id:sunport:20210121120331j:plain

離陸から20分、ドリンクサービスの時間です。

AIRDOの初代制服「サロペット」を着用したCAさんがドリンクを配布しています。

 

今回私はアップルジュースを注文しました。

通常AIRDOのフライトではベアドゥが描かれたコップで提供されますが、今回は北海道ぎょれんの広告入りコップでの提供となりました。

 

f:id:sunport:20210121120348j:plain

飛行機は徐々に高度を下げ、関東平野へと入ってきます。

成田空港が見えてきました。

 

f:id:sunport:20210121120400j:plain

13時53分、ADO20便は羽田空港RWY34Rに着陸。

到着スポットの隣では、「ベア・ドゥ北海道ジェット」、JA602Aが駐機していました。

これからのAIRDOの輸送は、これらの機材によって引き継がれて行きます。

 

f:id:sunport:20210121120905j:plain

機体を降りるとAIRDO社員とベアドゥがお出迎えしてくれました。

 

f:id:sunport:20210121121004j:plain

多くのお客さんを乗せて東京と北海道を往復してきたJA98AD。

長年の活躍お疲れさまでした!

 

3.まとめ

AIRDO初号機のラストフライトの模様をお伝えしました。

AIRDOの歴史を感じるとともに、JA98ADが色々な人から愛されていたことがわかるフライトでした。

 

 

JA98ADは1月下旬に離日しますが、これからもAIRDO初号機は我々の心の中を飛び続けるでしょう。

 

AIR DO737の搭乗記はこちら

aroundairport.hatenablog.com