白ちゃんの旅ノート

世界各地の搭乗記を中心に、飛行機や空港に関することを紹介しています。

搭乗記 vol.49.2 LOTポーランド航空777便 ワルシャワ→ヴィリニュス(搭乗編)

 

f:id:sunport:20201029231245j:plain

フライト情報

航空会社:LOTポーランド航空

便名:JO777便

区間:WAW(ワルシャワ/ショパン空港)→VNO(ビリニュス国際空港)

機材:CRJ900(ES-ACJ)

利用日:2020/1/3

 

 

今回の搭乗記はLOTポーランド航空です。

年末年始期間ということもあり、クリスマスならではのサービスを受けられました。

予約編はこちら(※準備中です。) 

 

3.搭乗記

f:id:sunport:20201029231303j:plain

今回の出発地点はワルシャワ・ショパン空港です。

朝の6時だというのに、カウンターには長蛇の列ができていました。

 

f:id:sunport:20201029231317j:plain

カウンターに20分ほど並んで搭乗券をもらいます。

今回のフライトではパスポートコントロールは通りませんが、免税店があります。

出国手続きを経ていないのに免税店があるのは、不思議な感覚です。

 

f:id:sunport:20201029231328j:plain

搭乗口へと向かいます。

出発ロビーには、アウディーの車が展示されています。

ターミナルの中に車があるのは、いかにもヨーロッパらしいですね。

 

f:id:sunport:20201029231333j:plain

今回利用するLO777便は、オープンスポットからの出発です。

搭乗時刻になり、バスへ乗り込みます。

 

そのままバスは出発するかと思いきや、他の乗客のみなさんは搭乗口へと戻って行きます。

どうやら飛行機がエンジントラブルを起こしているらしく、搭乗口で待機させられます。

 

この飛行機が何時間遅延するのか、気になって仕方ありません...

 

f:id:sunport:20201029231344j:plain

1時間ほど待ったのち、再び搭乗が開始されます。

どうやら飛行機の修理が完了したようです。

無事飛べそうで安堵します。

 

f:id:sunport:20201029231350j:plain

今回搭乗するのはES-ACJ、2015年登録のCRJ-900です。

CRJ-900は、日本でも活躍しているCRJ-700の全長を長くしたタイプです。

ヨーロッパをはじめ、世界各地で使用されています。

この機体は2015年にスカンジナビア航空で運用を開始された後、2017年よりポーランドを拠点として活躍しています。

 

f:id:sunport:20201029231403j:plain

機内へと入ります。

CRJの座席にはビジネスクラス仕様がないため、ビジネスクラスになっている座席の隣はブロックされています。

 

f:id:sunport:20201029231407j:plain

自分の指定された席に座ります。

紺色を基調とした、比較的肉厚のシートとなっています。

肉厚シートはクッション性が高いので嬉しいですね。

 

f:id:sunport:20201029231505j:plain

座席背面を見てみます。

テーブルのみがあるシンプルなデザインです。

今回のフライトは400kmほどですので、この設備で十分です。

 

f:id:sunport:20201029231421j:plain

乗客が乗り終わり、ドアが閉められます。

飛行機はワルシャワを飛び立ち、北東へと進んで行きます。

 

f:id:sunport:20201029231426j:plain

離陸から20分ほどして、ドリンクサービスが開始されます。

短距離路線ということもあるのでしょうか、選択肢は水しかありません。

いつもなら水は頼まないのですが、仕方なく水をいただきます。

 

f:id:sunport:20201029231437j:plain

搭乗した期間はクリスマス休暇中ということもあり、チョコレートも貰えました。

サンタクロースの形をしていて、食べるのが勿体ないくらいです。

 

f:id:sunport:20201029231521j:plain

シートポケットには機内誌も入っていました。

LOTポーランド航空の機内誌は「KALEIDOSCOPE(万華鏡)」と名付けられています。

搭乗した月の特集はアメリカでした。

自由の女神にグランドキャニオンと、アメリカを代表する場所の写真が並びます。

 

f:id:sunport:20201029231538j:plain

機内誌はポーランド語、英語、ハンガリー語の3ヶ国語で表記されており、英語が読めれば機内誌を楽しめます。

 

f:id:sunport:20201029231442j:plain

飛行機は降下を開始し、無事ビリニュス空港に到着しました。

飛行機に備え付けられているタラップから降機します。

 

f:id:sunport:20201029231453j:plain

手荷物を受取り、ビリニュス空港を後にします。

ビリニュス空港は、古典様式の重厚な建物が特徴的でした。

 

4.まとめ

LOTポーランド航空への搭乗は初めてでしたが、ヨーロッパの標準的なキャリアといった印象でした。

クリスマス期間中にチョコを配布するといったサービスは、ヨーロッパ独自で嬉しかったです。

ポーランド近郊の移動をする際には、LOTポーランド航空を利用してみるのはいかがでしょうか。

 

ビリニュス空港ラウンジに関する記事はこちら

aroundairport.hatenablog.com