白ちゃんの旅ノート

世界各地の搭乗記を中心に、飛行機や空港に関することを紹介しています。

引退した747に触れたい! 世界中の747保存機をまとめてみる

f:id:sunport:20210128182118j:plain

[チャイナ・エアラインの747。2018/8/5撮影]

 

世界中にある747の保存機についてまとめてみました。

成田やタイなどの近場(?)にもあるので是非行ってみたいですね。

 

 

はじめに

f:id:sunport:20210128180926j:plain

[羽田空港にも定期便として乗り入れていたタイ国際航空の747も、全機退役が有力視されています。]

 

新型コロナウイルスが流行している昨今、航空業界は計り知れないほどのダメージを受けています。

燃費の悪い旧型機の退役が進行し、コロナが収束後には747に乗ることはより難しくなっていることでしょう。

 

しかし現役機の747への搭乗は難しくなっても、世界中には様々な方法で747が保存されています。

今回は、世界中で保存されている747の保存機を紹介しながら、747への「バーチャル搭乗」を楽しむことにしましょう。

 

1.フランス ル・ブルジェ航空宇宙博物館 F-BPVJ(747-100)

f:id:sunport:20210128183441j:plain

フランスのル・ブルジェ航空宇宙博物館には、エールフランス航空で活躍した747-100が保存されています。

f:id:sunport:20210128204609j:plain

この機体は博物館になっており、コックピットやラウンジ、ギャレーや座席など、747のすみずみまで見ることができます。

 

博物館はパリ中心部にあるので、アクセスも容易です。

旅客機好きの人には是非行ってほしい場所の一つです。

 

機内の状態等、詳しい情報は以前記事にしていますので、是非御覧ください。

aroundairport.hatenablog.com

 

2.タイ 747 CAFE HS-STA(747-400) 

 バンコクの近郊、スワンナプーム国際空港の近くに2021年1月にオープンした747Cafe。

「迷」航空会社として有名な、オリエント・タイ航空の747を活用したカフェだそうです。

機内の座席は撤去されていますが、コックピットの設備は残っている様子。

コロナが収束したら是非行ってみたい場所の一つです。

 

※開店前の様子はこちらのYou Tube上にアップされています。

このYouTuberさんのように、店に入って操縦桿を操作してみたいですね。

https://www.youtube.com/watch?v=7LLWTJGcwC8

 

この場所の地図

 

3.スウェーデン Jumbo Stay Hotel 9V-SQE(747-200)

スウェーデンのストックホルム・アーランダ空港の近くにあるJumbo Stay Hotel。

ここではなんと、747がホテルとして利用されています。

この機体は1976年にシンガポール航空で9V-SQEとして登録され、その後パンアメリカン航空で使用されたものになります。

 

 スイートルームは1895SEK(約23000円) と高額ですが、ドミトリールームであれば450SEK(約5600円)とお手頃価格で泊まることができます。

ヨーロッパに行った際には是非行ってみたいです。

 

Jumbo Stay Hotelに泊まった方の滞在記はこちら↓。

コックピットに泊まれるのは羨ましいですね。

ジャンボ機のコックピットが寝室に? スウェーデンの空港にある仰天ホテル | トラベルライターの旅のデジカメ虫干しノート

 

4.アメリカ Delta Flight Museum N66US(747-400)

 アトランタにあるデルタ航空博物館(Delta Flight Museum)では、747-400の初号機が展示されています。

機体内部にはビジネスクラスの座席が残されているほか、主翼の上に立つこともできます。

アメリカに行った際には是非行ってみたい場所の一つです。

 

この場所の地図

 

5.日本 航空博物館 N642US(747-200)

f:id:sunport:20210128205727j:plain

機種のみですが、日本でも747は保存されています。

保存されているのは成田空港近くにある航空科学博物館。

この機体はシンガポール航空で9V-SQQとして登録された機体で、最後はノースウェスト航空で使用されたものです。

機内ツアーに参加することで、この機体の内部に入ることができます。

 

機内ツアーに参加した方のHPはこちら↓

askz.sakura.ne.jp

 

まとめ

世界中から引退しつつある747ですが、保存機という形であればコロナ収束後でも「搭乗」できそうです。

このページを見ながら、コロナ収束後の旅行を練ってみるのはいかがでしょうか。

 

 

後半パートはこちら

aroundairport.hatenablog.com